本文へ移動

耐震性貯水槽

 耐震性防火水槽・耐震性貯水槽とは

耐震性能を保持する構造・素材で構成された防火水槽設備の事です。
大規模な災害や震災に見舞われた際に、地中に埋設されている水道管設備などが寸断されると屋内消火栓・屋外消火栓設備が使用できないケースがあります。
特に大規模な地震では水道管が寸断されるケースが多く、また道路などの陥没などにより消防車が駆けつける事が出きないようなケースも想定され消防活動に支障をきたす可能性が検討されます。
このような非常事態に備え、大震災クラスの大規模な地震に耐えうる耐震性を備えた耐震性防火水槽・耐震性貯水槽を地中内もしくは地上に設置する事は非常に重要です。

 耐震性防火水槽の役割

日本は地震国家とも呼ばれるほど、世界の中でも地震が多発する国のひとつです。
1997年1月17日(平成7年)に兵庫県南部を襲った阪神淡路大震災、そして2011年3月11日14時46分に発生した東日本全域に甚大な被害をもたらした東日本大震災(関東大震災)はともに広範囲の地域で水道管の寸断が発生しております。
水道設備は消防上の消火活動だけではなく、我々人の飲料水の確保という重要なライフライン設備でもある為、非常時の水源の確保は重要です。
耐震性能をもつ耐震性防火水槽・耐震性貯水槽の設置は、今後数年以内に発生が予想される関東エリアの大震災への対策としても重要な役割を担っております。

 概要・特徴

(一財)日本消防設備安全センター認定製品
HC式防火水槽・HC式耐震性貯水槽は、群を抜いた施工実績の豊富さ、広範囲に甚大な被害をもたらした阪神大震災の激震にも耐えた実績が、その信頼性の高さと安全性を証明しています。

1.(一財)日本消防設備安全センター認定製品
2.抜群の施工実績
3.豊富なオプション仕様
4.確かな耐震設計
5.多目的用途への使用
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日
工藤コンクリート株式会社
〒999-3511
山形県西村山郡
河北町谷地字真木348番地
TEL:0237-73-2551
FAX:0237-73-2190
TOPへ戻る