本文へ移動

レベロック

 レベロック(水平ブロック)5つの特長

1. 優れた構造安定性
 ブロック練り込み擁壁としての壁体重量、一体性、コンクリート強度などは
 標準設計と同等以上となっており、一般的な積ブロックと同様の使用が可能です

2. 施工が簡単、安全、早い
 ブロックはすべてのサイズ、すべての勾配で水平自立する為、熟練工でなくても、
 だれでも簡単に、安全に短期間に施工できます

3. 優れた経済性
 製品のサイズが1㎡/個と大型なため、重機施工となり積みスピードが大幅にアップします
 さらに、裏コン対応用のさらなる低コストの施工が可能となります

4. 住宅造成工事に使用可能
 この製品は住宅造成規制法、第15条に関する国交省告示(第1485号)に定められた
 コンクリートブロック練積み擁壁に関する各号の基準をすべてクリアしており、
 大臣認定擁壁ブロック同等品として宅地造成工事に使用可能です

5. あらゆる環境にマッチ
 ブロック表面の模様は自然景観にもよくなじむ石模様です
 

 施工要領


1. 基礎ブロックの布設
 均しコンクリートを設置した後、所定の位置に基礎ブロックを布設し、間詰コンクリートを
 天端まで打設

2. 2段目以降のブロック布設
 ブロックを布設した後、裏込材を充填し、間詰コンクリートをブロックの半分程度まで打設
 (必要に応じて水抜きパイプを設置)

3. 天端コンクリート
 天端コンクリートを施工して完了

 カークヘキ

1. 胴込コンクリート型
 ブロック内の胴込コンクリートと上下段のかみ合わせに
 より、壁体が一体化されることで連結金具は必要ありま
 せん。そのためブロック積の施工の後先に関係なくこの
 製品を積み上げることができる

2.上・下かみ合わせ型
 製品の上・下にかみ合わせの突起があるため、製品を傾けて
 布設することができ、現場のいろいろな勾配に合わせて施工
 することが可能

3.背面穴付型の使用可能
 背面穴付型の製品を使用すれば、地山とカークヘキの間の
 間詰コンクリートが一体化される

4.連結型タイプ(5分勾配のみ)
 ブロックの控長が大きな場合は、連結型タイプの製品を使用
 して対応することができる

5.表面化粧板(明度証明・テクスチャー証明取得製品)
 製品の表面は自然景観によく馴染む擬石模様
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日
工藤コンクリート株式会社
〒999-3511
山形県西村山郡
河北町谷地字真木348番地
TEL:0237-73-2551
FAX:0237-73-2190
TOPへ戻る