本文へ移動

SH浸透側溝

 雨水浸透施設の重要性

私達の生活環境が便利になっていく一方で、地球温暖化や異常気象等、様々な環境問題や災害が増加しています。その中でも水環境は、最も私達の身近なものであります。大雨やゲリラ豪雨による水害や、雨が降らないことによる川の枯渇や地下水位の低下、これらは生活環境だけでなく、自然環境にも大きな被害をもたらします。
その中で、浸水被害や環境保全対策として全国的に『雨水貯留浸透施設』の設置を推奨する自治体が増えてきています。
『SH型雨水浸透施設』は、維持管理はもちろん、機能性・施工性に優れ、貯留浸透能力を最大限に発揮・維持できる構造となっています。

 浸透による雨水流下のしくみ

雨水災害被害の抑制と潤いのある都市づくり
浸透施設により雨水を積極的に浸透させることで、雨水の急激な流下を抑制し、災害被害の防止や大地や樹木に潤いを与えます。また森林や緑化も雨水の流下を遅らせる効果が得られるだけでなく、それ自体に保水機能があり、蒸発散することで温暖化防止効果もあります。さらに汚れた雨水を土壌の力で浄化でき、自然と共存し雨の恵みを活かせる街づくりができます。

 SH浸透側溝 3つの特長

・スリットホール構造により目詰まり抑制
・浸透効果の長期化を実現
・軽量化・強度・優れた施工性

 スリットホール構造

浸透桝では単粒度採石(30~40㎜)を充填材として使用する事が多く、桝や側溝内に砕石が混入しないように排出孔は砕石より小さな径(基準ではφ20㎜以下と規定)が一般的です。しかしその大きさは排出孔が閉塞してしまう問題があります。また、浸透桝の底面開口部は泥等の堆積物により目詰まりしやすく、側面からの浸透効果はより重要になっています。スリットホール構造は設置時に失われる排出孔の閉塞を無くし、製品本来のもつ雨水の排出効果を有効にするとともに広く拡散し易い構造です。
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日
工藤コンクリート株式会社
〒999-3511
山形県西村山郡
河北町谷地字真木348番地
TEL:0237-73-2551
FAX:0237-73-2190
TOPへ戻る