本文へ移動

GUARDIANⅡ

GUARDIANⅡガーディアンⅡ
近年の建設工事においては、施工態勢も省力化且つ、高齢化しつつある中でコンクリート
二次製品もよリ軽量に、よリ安全に又、生産性向上への取リ組みとして、プレキャスト製品
の積極的使用が求められる状況となってきました。コンクリートブロックの結合力、耐震性
の向上などを目的として、全国に先駆けて大型のコンクリート積みブロックを開発し、従来
の大型積みブロックと違って、控幅や法勾配を自由に変更でき、コンパクトでより軽量な形
状に改良し、鉄筋を配置することで地震時の二次災害防止にも効果があることが確認された
工場組み立て式の大型ブロックです。
国土交通省が推進している「i-Construction」に対応しており、命名は、全ての人、工事を
安全に見守ってくれるように、「ガーディアン(守り神)」と名づけました。
又、このガーディアンブロックの製造及び技術の向上と普及を図り、社会に貢献するとともに
会員相互の研鑽と協調及び資質の向上を目的に、「ガーディアンブロックエ業会」を平成
30年3月に設立しました。又、平成30年6月29日に擁壁用積みブロックとして特許を取得、
高知県では防災関連登録製品にも認定されています。

 特 徴

1 自由に設計・変更が可能で経済的
 ブロックの控え幅派500mm以上で自由に設定・変更が可能 
 で、最も経済的で無駄のない安定幅を選択することができ
 る。
2 色々な工法に対応可能
 ガーディアンⅡは、等厚式擁壁、不等厚式擁壁(重力式、
 もたれ式、逆台形式)や、張りコンクリート工法にも対応。
3 従来のブロックより軽量化
 従来の大型積みブロックと比較しても軽量化されている
 ため、小型クレーンなどでの施工が可能。
4 施工現場では積み上げ作業の実
 工場で組み立てた大型ブロックであるため、施工現場では
 積み上げ作業のみでブロックの据付が行える。
5 安全・迅速に大幅な施工短縮
 積み上げ作業は、専用の吊り金具(DHカップラー)の使用と、
 ジョイントピンの採用によりブロックの接合作業もより正確
 に、又安全・迅速に行うことができるうえ、大幅な工期短縮
 が図れる。
6 耐震性が大幅に向上
 中詰めコンクリート内は鉄骨構造となるため、耐震性が大幅
 に向上。

 施工の流れ

 基礎砕石工
基礎タイプに応じて基礎砕石を敷設する。
    
 基礎コンクリート工
支持地盤の土質及びブロック擁壁安定計算によリ変わります。
   ▼
 ブロック据付エ
基礎コンクリート表面の状況により敷モルタルを施し、1段目ブロックの据付を行う。
1段目据付後、丁張りを設置する。
     ▼
 良質土埋め戻し・裏込砕石
ブロック据付後、良質土を埋め戻し、移動防止のため裏込
砕石の敷均し、転圧を行う。※1段目は良質土の埋め戻しのみ
     ▼
 中詰コンクリート
基礎と一体となるように入念に充填する。
      
 天端コンクリート
化粧型枠を用いてブロックと同じ景観にする。
   ▼
 出来高検査
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 休日
工藤コンクリート株式会社
〒999-3511
山形県西村山郡
河北町谷地字真木348番地
TEL:0237-73-2551
FAX:0237-73-2190
TOPへ戻る